ようこそ、新留研究室へ

 バイオテクノロジーは、生物学と工学との単なる組み合わせではなく、化学、物理学、そして、医学、生物学といった様々な学問が融合した学際的な学問分野です。本研究室では生命の持つ様々な機能を深く理解し、これをもとに私たちの暮らしを豊かにする技術を開発します。

 ナノ材料の特徴的な物理的化学的性質を理解し、これを新しい診断や治療技術に発展させていく研究を進めます。また、環境あるいは食品中の微生物の役割や影響を分子生物学的に調べ、そのヒトととの関わりについても理解を深めます。

 このように、化学や生物学ベースに、分子生物学、遺伝学、物理学、医学、薬学の要素を組み合わせ、新しいバイオテクノロジーを開拓します。

 こういった研究に関心を持つ学外からの若い方々も募集しています。修士課程、博士課程への入学、あるいは、本研究室での日本学術振興会特別研究員にご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。大学院に関する情報はこちら


ホットニュース

・2018年4月2日(月)新年度が始まりました。今年度も頑張りましょう。

・熊本大学のホームページ「熊大なう」に銀ナノ粒子に関する研究が紹介されました。「http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/laboratory/k300111

・2017年12月:徐さんの論文がColloids. Surf. B: Biointerfacesにアクセプトされました。「Wei Xu, Kai Yagoshi, Yuki Koga, Makoto Sasaki, Takuro Niidome, Optimized polymer coating for magnesium alloy-based bioresorbable scaffolds for long-lasting drug release and corrosion resistance, Colloids. Surf. B: Biointerfaces, in press」

・2017年12月:カウンさんの論文がChem. Lett.にアクセプトされました。「Kaung Kyaw, Nana Motoyama, Hiroaki Ichimaru, Ayaka Harada, Shigeru Morimura, Katsuhiko Ono, Hiroyasu Tsutsuki, Tomohiro Sawa, Yuta Miyazawa, Daigou Mizoguchi, Takuro Niidome, A simple PLGA-AgNPL film for antibiofilm formation by contact bactericidal activity, Chem. Lett., in press」

・2017年11月:銀ナノ粒子の研究論文について、大学のホームページ「お知らせ」で紹介されました。「http://www.kumamoto-u.ac.jp/whatsnew/sizen/20171102

 

2018年4月 新留グループ

 

・研究室の学生さんへ

  夜間に実験する際には時間外施設利用申請システムに必ず入力するようにして下さい。「リンク」のページにもリストアップしています。


・上記メニューの「研究紹介」と「研究業績」のプルダウンメニューが、Internet Explorer 10だとうまく動作しないようです。Internet Explorer9以前のバージョンあるいは他のブラウザ(FirefoxやGoogle Crome)をご使用下さい。すでにInternet Explorer10がインストールされている場合は、一旦アンインストールをすることでダウングレードすることができるようです。新留がこの部分をIE10でも動くように修正するか、IE10が修正されるかのどちらかで解決しますが、ここはMS社に期待しています。

 

 


連絡先

〒860-8555 熊本市中央区黒髪2-39-1 
熊本大学 大学院先端科学研究部 物質材料生命工学部門 生体・生命材料分野
(工学部物質生命化学科)
新留研究室

niidome♪ (♪は@kumamoto-u.ac.jpです)
Tel: 096-342-3667
Fax: 096-342-3668